妊娠中のオーラルケアについて🤰

女性は妊娠中、女性ホルモンの増加によって
歯周病原細菌が増殖することが分かっています😈⚡️

これは、女性ホルモンによって唾液の分泌が減少することで
歯肉炎や歯周病を引き起こす口腔内環境になってしまうために起こります。

特に気をつけていただきたいのが、妊娠中期から妊娠後期にかけての期間。
この時期は女性ホルモンが急激に増殖しますので、いつも以上に徹底した
歯垢除去を心掛けましょう😁

また、歯周病が進行すると早産の危険性が高まってしまうことも分かっています。
※炎症性サイトカインが過剰に分泌されるため

母子ともに健康な出産となるよう、日頃からオーラルケアには気を配っていきたいですね✨

近年は歯周病が健康に影響することが認知されはじめ、一般の方の意識も高まってきています。
歯を白くすることももちろん大切ですが、それ以外にも健康につながるケアとして
若いうちからしっかりと歯周病予防をしていきましょう👍

関連記事

  1. 黒いホワイトニングシート❣️

  2. 恋する♡ハミガキ DENTISTE …

  3. 打ち合わせの時 いつの間にか 距離を取られていませんか?…

  4. 歯が抜けるのは、年齢のせいではありません🦷

  5. 黄ばみ・着色を防ぐためにしたいこと✨

  6. 知っていますか? 口内フローラ👄✨